So-net無料ブログ作成

bashの編集モードをviモードにしてみる [雑記]

普段Ubuntuで使ってるシェルはbashだ.
bashには編集モードというのがあって,デフォルトはemacsモードになっているらしいが,これをviモードに変更できる.普段使ってるエディタはVimなので,bashの編集モードもviモードにしたほうが便利だ.

というわけで変更してみる.
set -o vi

これでOK.実際は,.bashrcにでも書いておくといい.
ちなみにemacsモードにするにはviのところをemacsにすればいい.

これで,コマンドライン編集のときにviのキーバインドが(だいたい)使えるようだ.ま,Vimに慣れてる人なら違和感無く使えるというか,使いやすいと思う.

ところで,いろいろキーバインドを試していてビジュアルモードに入ろうとしたら,nanoが立ち上がってきた.どうやらnanoがデフォルト設定されているようだ.というわけでこれもVimに変更しておく.

この設定変更には,update-alternativesコマンドを使用するようだ.

まず,いまの設定を確認してみる.
sudo update-alternatives --config editor

すると,以下のような表示が出力されるはずだ.
alternative editor (/usr/bin/editor を提供) には 4 個の選択肢があります。

  選択肢    パス              優先度  状態
------------------------------------------------------------
* 0            /bin/nano            40        自動モード
  1            /bin/ed             -100       手動モード
  2            /bin/nano            40        手動モード
  3            /usr/bin/vim.basic   30        手動モード
  4            /usr/bin/vim.tiny    10        手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 

これを見ると,確かにデフォルトはnanoになっているようだ.
で,Vimに変更するために,「3」を入力する.
変更されたかどうかは,再度同じコマンドを入力して,「3」のvim.basicが選択されていればOKだ.

これで完了.

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます