So-net無料ブログ作成

Ubuntuに「追加のドライバー」をインストールしてみる [雑記]

先日購入した,PRIMERGY MX130 S2にUbuntu 12.04をインストールした.
で,グラフィックスドライバとしてプロプライエタリなドライバである,「ATI/AMDプロプライエタリFGLRXグラフィックスドライバー」をインストールしてみる.

「システム設定」->「追加のドライバー」を選ぶと,
・ATI/AMDプロプライエタリFGLRXグラフィックスドライバー(リリースアップデート)
・ATI/AMDプロプライエタリFGLRXグラフィックスドライバー
の2つが出てくる.

このうち,リリースアップデートのほうは,エラーがでてインストールができなかった.
なので,下側のほうをインストールした.

ちなみに,このドライバをインストールしないとMX130のファンがややうるさい.
インストールして再起動してやると,静かになる.

なお,再起動して,再度「システム設定」->「追加のドライバー」と進むと,さっきインストールしたドライバが有効になっているはずだ.


追記
んー,CUI起動にしておいてから,startxすると,なんかWarningが出てGUIが正常に起動しない...
どうしようかな.
CUI起動にしなければ(GUIで起動させてやれば)問題ないんだけど.
さて...
多少ファンがうるさくてもオープンソース版を使うか,それともGUIで使う前提でプロプライエタリ版を使うか.迷う...
あと,オープンソース版とプロプライエタリ版のCPU使用率を見るとプロプライエタリ版のほうが高い.

とりあえずここはCPU負荷の少なそうなオープンソース版を使うことにしてみよう.ファンの音が気になって我慢できなくなったらまた考えることにする.

タグ:fglrx mx130
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。